音声POPの特徴と導入するメリットについて

人間センサー付きのメリット

音声POPとは、音声を自動で繰り返す宣伝デバイスで、人間センサーを搭載したものもあります。スタッフが店頭で呼びかけるのも人件費のコストになるので、長時間に及ぶと高コストになるわけです。それに対して、音声POPを使えば、少ないコストで効果的な宣伝が行なえます。人感センサーが付いていれば、人が近づいた時にアピールするので、単なるループアナウンス以上の効果があります。人は常に流れている音声には気に留めませんが、時たま流れる音声には集中する傾向があるからです。

声優のような音声制作も可能

音声POPは、好きな音声を自由に録音することができ、目的やシーンに応じてアレンジできます。来客への挨拶をはじめ、商品の案内や説明、そして購買アピール等幅広く利用できます。音声POPを取り扱う業者の中には、音声の制作も手がけているところもあり、声優のような効果的な音声でPOPを作ってもらえます。音声POPの仕組はシンプルなので、機械が苦手な人でも簡単に扱えます。難しい設定などは不要で、録音したデータは直ぐに再生することが出来ます。

頻繁な商品の入れ替えにも便利

音声POP用の機器は殆どが、ACアダプタに加えて乾電池でも動作するので、コンセントがない場所でも使用できます。本体の大きさもコンパクトな設計になっており、置き場所の心配がありません。機器の種類によって壁掛けできるものもあり、狭い場所での使用も可能です。それ故、従来の看板や張り紙の進化系として高い効果が期待でき、宣伝内容も自由に変えられます。それ故、頻繁に商品の入れ替えがある場合でも、臨機応変に対応できるわけです。

音声POPは赤外線センサーで人影を感知して音声を自動再生する装置となっており、スーパーなどで活用されています。