カーテンのサイズと付け方

カーテンの用途は様々

カーテンには種類があり、厚手で窓の視界を遮るドレープと、半透明がなっているレースのものがあります。遮光目的として使われがちですが、日が落ちてきて部屋に電気をつける時だけでなく、音楽を聴く時に防音目的で使ったり、冬に冷たい外気を遮断する保温目的で使ったりと、様々です。更に、防炎や防汚等の機能がついたものがあるので、部屋の用途に合わせて選ぶ事ができます。機能だけでなくデザインや色も豊富で、家庭の大きなインテリアの1つとなっています。

正しいサイズのものを

購入する際は、色や柄選びも大切ですが、更に大切なのは正確なサイズのものを選ぶ事です。メジャーをしっかり持ち、斜めにならないようにしてレールを測ります。横幅は、使用しているレールの固定ランナーと反対側のランナーまでの長さを測りましょう。そして高さは、掃き出し窓であれば固定ランナーの輪の下から床下までを測り、採寸した長さより1〜2センチマイナスした長さがおすすめです。腰窓の場合、高さは窓枠下までを測り、15〜20センチ程プラスした長さが良いでしょう。

レースとドレープを入れ替える

カーテンは室内側に付け、レースのものを窓側に付けるのが一般的でしたが、現在は逆にするのも人気になっています。昼間、普通にレースカーテンとして使用していると、レースの柄は光に飛ばされてあまり確認できない事があります。そこで、レースを内側にすれば、カーテンを閉めた際、無地のカーテンを背景にする事でレースの柄が見えやすくなり、窓辺の雰囲気を変えてくれるのです。レースの柄を堪能したいのであれば、付ける場所を入れ替えてみるのも良いでしょう。

ひもカーテンとは、何本もの糸によって作られている糸状のカーテンのことで、ストリングカーテンとも呼ばれています。主に間仕切りなどに使用されています。