タクシー運転手になるには

タクシー運転手は21歳からなれます

車の運転にそれなりに自信のある方が比較的簡単になれるのがタクシー運転手です。この業界は雇用の流動が激しいので、どちらかというと売り手市場となっていて、中高年層でも求人の豊富な業界となっています。タクシー運転手になるには二種免許が必要です。この二種免許は、普通免許取得後3年経過後に取得できるようになります。ですから18歳に普通免許を取得された方は、21歳からタクシー運転手として働けることになります。また東京や大阪など一部の地域では、地理試験に合格する必要があります。

タクシー運転手の給料は完全歩合給が基本です

この二種免許取得費用は、ほとんどの会社が負担してくれます。ですから普通免許取得後3年経過している方ならどなたでも、無料で二種免許を取得できるのです。裸一貫でスタートしたい方にピッタリの仕事です。

給料は、ほとんどの会社で完全歩合給となっています。ですから人口の多い大都市で働く方が稼げる可能性が高いのです。2013年に東京交通新聞に掲載された東京特別区の1日の平均売上は約42000円です。月に12勤務で1月の売上は約507800円です。歩合率が60%の会社なら、約30万円が1ヶ月の給料となります。つまり東京なら1月に12日働くだけで、約30万円の給料が手に入るというわけです。

タクシー運転手で稼ぐには様々な努力が必要です

東京なら毎月30万円稼げるとはいえ、タクシー運転手で人並みに稼ぐには様々な努力が必要です。一応会社員にあたりますが、実質は個人事業主と同様で、個人の資質に稼げるかどうかはかかっているのです。

タクシー運転手で稼ぐコツは、いかに長期の優良な顧客を見つけるかにかかっています。丁寧な運転や対応は当たり前で、まめに抜け道を見つけ出すなど努力が必要です。真面目にコツコツと働いていると、リピーターや口コミが広がって、優良な顧客の獲得に繋がるのです。

運転手派遣の仕事に適しているのは時間に正確で真面目な人の方が良いので、そのような性格の人で運転手になりたい場合はドライバー派遣サイトに登録しましょう。